壊れたシャワーを放置し、熱湯で洗髪して脂漏性皮膚炎が悪化

  • 年代:40代
  • 性別:男性

現在40代の男性ですが、皮脂分泌量の多くなる30代前半から脂漏性皮膚炎で苦しんでます。

症状のよく出る場所は鼻周辺と頭皮なんですが、半年前に頭皮の炎症でトラブりました。

トラブルの原因はシャワーの温度調整が出来なくなったことに起因します。

脂漏性皮膚炎っていうのは皮脂をキレイに洗浄して肌を清潔に保つことがもっとも効果的な予防策で、脂漏性皮膚炎を発症してからは常に清潔さを心がけ入浴や洗髪は毎日してきました。

それがシャワーの温度設定が壊れてしまい熱湯しか出なくなったんです。

シャワーを遠くから掛けて温度を冷ましつつ使ったり、湯船のお湯を洗面器ですくって洗髪したりと工夫はしたんです。

しかしこういう方法だと不十分な洗い方になったり洗い残しが出来たりと頭皮を清潔に保てなくなりました。

一週間もすると頭皮が痒くなり、かくと白いフケのようなものが頭皮からボロボロと剥がれ落ちてきました。

その数も尋常ではなく、すこし頭を触った程度でも肩や背中に真っ白な粉が溜まるほどでした。

一度ここまで炎症を起こしてしまうとシャワーを直して以前通りに洗髪をしても全然治らないんです。

結局皮膚科で見てもらって頭皮用のステロイド剤を処方してもらい改善しました。

しかしあまりの痒さにかいてしまったりしたので、完治するのに二ヶ月かかってしまいました。

完治といっても一時的に消沈しただけのことで、不潔な状態にするとすぐ再発するので洗髪は気をつけてするようにしてます。