抗真菌成分の入ったシャンプーを使い、正しくシャンプーすると落ち着きました。

  • 年代:30代
  • 性別:女性

 

私が脂漏性皮膚炎と初めて診断されたのは16歳の時でした。

その時の症状は皮膚が乾燥し、鱗のように剥がれてきてしまうため激しい痒みとフケの様にとぶ皮膚で制服の肩や背中が白くなってしまうことでした。

当時は頭を清潔にし、薬(ローション)をつけて下さいとの事でしたが一向に完治せず夏場などは皮膚がジュクジュクしてしまう事もありました。

大学に入り、部活もなくなり頭に大量に汗をかいたりする事も減ってくると自然にかんちしました。

それが28歳の頃再発。症状は以前と似ていますが剥がれる皮膚の量は減り範囲も後頭部のみと狭くなりましたがジュクジュクする事は多くなり夏場などは耳の後ろにも症状がでました。

再び皮膚科(引っ越していたため以前とは違うびょ)を受診するとやはり清潔にするように言われ、特にシャンプーをしっかりすすぐようにと言われ以前と同じ薬が出されましたがやはり完治しませんでした。

そんな時動物看護師をしている妹が「脂漏性皮膚炎ってマラセチアが原因なんでしょ?犬のマラセチア皮膚炎の時に使う人間用シャンプーがあるから試したら?」と言われ抗真菌成分の入ったシャンプーを使い始め、シャンプー後は髪だけでなく頭皮までしっかり乾かすようにした所症状は随分落ち着きました。

まだ完治とはいきませんが夏場以外はほとんど症状が出なくなりました。

 

脂漏性皮膚炎の頭皮用シャンプーおすすめ

参考リンク