壊れたシャワーを放置し、熱湯で洗髪して脂漏性皮膚炎が悪化

  • 年代:40代
  • 性別:男性

現在40代の男性ですが、皮脂分泌量の多くなる30代前半から脂漏性皮膚炎で苦しんでます。

症状のよく出る場所は鼻周辺と頭皮なんですが、半年前に頭皮の炎症でトラブりました。

トラブルの原因はシャワーの温度調整が出来なくなったことに起因します。

脂漏性皮膚炎っていうのは皮脂をキレイに洗浄して肌を清潔に保つことがもっとも効果的な予防策で、脂漏性皮膚炎を発症してからは常に清潔さを心がけ入浴や洗髪は毎日してきました。

それがシャワーの温度設定が壊れてしまい熱湯しか出なくなったんです。

シャワーを遠くから掛けて温度を冷ましつつ使ったり、湯船のお湯を洗面器ですくって洗髪したりと工夫はしたんです。

しかしこういう方法だと不十分な洗い方になったり洗い残しが出来たりと頭皮を清潔に保てなくなりました。

一週間もすると頭皮が痒くなり、かくと白いフケのようなものが頭皮からボロボロと剥がれ落ちてきました。

その数も尋常ではなく、すこし頭を触った程度でも肩や背中に真っ白な粉が溜まるほどでした。

一度ここまで炎症を起こしてしまうとシャワーを直して以前通りに洗髪をしても全然治らないんです。

結局皮膚科で見てもらって頭皮用のステロイド剤を処方してもらい改善しました。

しかしあまりの痒さにかいてしまったりしたので、完治するのに二ヶ月かかってしまいました。

完治といっても一時的に消沈しただけのことで、不潔な状態にするとすぐ再発するので洗髪は気をつけてするようにしてます。

夏場は皮脂で頭が痒くて仕方が無く、かさぶたも

  • 年代:20代
  • 性別:女性

私は基本的に汗をかきやすく頭皮が物凄く脂や皮脂で痒くなることがあります。

やはり暑い夏の時期になると頭皮がとてつもなく痒くどうしようもなく掻きむしってしまいます。

その結果毛穴や肌が傷付き血が出てしまうことが良くありました。

夏の暑さで頭皮が焼けている上に自分の汗で傷の付いた皮膚に余計症状を悪化させているというのは言うまでもありません。

普段はお風呂に入った際に2回ほど丁寧にシャンプーをして頭皮を清潔に保つようにはしているのですが、夏場はどうしようもなく痒みが酷いです。予防としてあまり頭皮を掻きむしらないことを意識はしているのですが、一度掻きむしったところで瘡蓋ができているところは痒みが酷くついつい掻いてしまいます。

また最近は爪で頭皮を傷付けているせいか髪の毛が物凄く抜けるようにもなった気がします。やはり自分の気の済むまで掻いてしまっているのが原因だと感じています。

瘡蓋が出来てしまっているところは髪の毛が生えてきませんので薄毛にも繋がっている気がします。夏場は頭皮のトラブルがつきものですが根気よく取り組んでいかなければいけないですね。

合わないシャンプーから脂漏性皮膚炎に

  • 年代:40代
  • 性別:女性

 

2センチ四方ほどのかさぶた状態のものが、じくじくとして浸出液がでており非常に痒かったです。きっかけはシャンプーが合わなかったのだと思います。

ジョンソンエンドジョンソンのとても香りのよい紫いろのシャンプーが気に入っており、そちらを使い始めてからだと思われます。

ちなみに赤ちゃん用だったと記憶しています。

最初のうちは、自宅にあったありあわせの薬を使ったりして様子を見ていましたが

一向に良くならず。範囲がどんどん広がっていき、しまいにはかさぶたを取るのが楽しく、癖になってしまいそうでした(笑)

病院に行くほどでもない、と思ってましたが、そんな状態が20日程経過。

痒かったし、頭頂部だったため見た目も不潔でしたので、しかたなく病院にゆきました。

先が尖った頭皮用のステロイド剤が処方されました。名前は覚えてませんが。。

本当はステロイドは使用したくなかったのですが、頭ということで初めての頭皮湿疹だったので医者の言うことを効くことにいたしました。

2日くらいで完治。

頭皮の湿疹は、わりと治りやすい、と思ったのが当方の感想です。

抗真菌成分の入ったシャンプーを使い、正しくシャンプーすると落ち着きました。

  • 年代:30代
  • 性別:女性

 

私が脂漏性皮膚炎と初めて診断されたのは16歳の時でした。

その時の症状は皮膚が乾燥し、鱗のように剥がれてきてしまうため激しい痒みとフケの様にとぶ皮膚で制服の肩や背中が白くなってしまうことでした。

当時は頭を清潔にし、薬(ローション)をつけて下さいとの事でしたが一向に完治せず夏場などは皮膚がジュクジュクしてしまう事もありました。

大学に入り、部活もなくなり頭に大量に汗をかいたりする事も減ってくると自然にかんちしました。

それが28歳の頃再発。症状は以前と似ていますが剥がれる皮膚の量は減り範囲も後頭部のみと狭くなりましたがジュクジュクする事は多くなり夏場などは耳の後ろにも症状がでました。

再び皮膚科(引っ越していたため以前とは違うびょ)を受診するとやはり清潔にするように言われ、特にシャンプーをしっかりすすぐようにと言われ以前と同じ薬が出されましたがやはり完治しませんでした。

そんな時動物看護師をしている妹が「脂漏性皮膚炎ってマラセチアが原因なんでしょ?犬のマラセチア皮膚炎の時に使う人間用シャンプーがあるから試したら?」と言われ抗真菌成分の入ったシャンプーを使い始め、シャンプー後は髪だけでなく頭皮までしっかり乾かすようにした所症状は随分落ち着きました。

まだ完治とはいきませんが夏場以外はほとんど症状が出なくなりました。

 

脂漏性皮膚炎の頭皮用シャンプーおすすめ

参考リンク

フケが酷かったので皮膚科を受診してみると脂漏性皮膚炎と診断される

  • 使っているシャンプー:コラージュフルフルシャンプー
  • 年代:40代
  • 性別:男性

30歳を過ぎた頃から髪の毛を丁寧に洗っても細かいフケが出るようになりました。

濃い色のスーツを着る機会がとても多い仕事だったので、ジャケットにフケが落ちるととても不潔に見られるし、散髪に行った際にドライヤーをかけてもらうとフケがまうのが自分ながらにとても嫌でした。

近所の皮膚科を受診したところ、脂漏性皮膚炎との事。

年齢的にも脂漏性皮膚炎が発症しやすい年齢に差し掛かっていることを教えてもらいました。

はじめは塗り薬での治療を行っていましたが、使っていた薬の中で体質に合わないものがあったらしく、痒みが現れたため一旦投薬を中止しました。

中止している間は、医師から進められたコラージュフルフルシャンプーを使用していましたが、こちらは痒みも出ず、洗い上がりのフケもかなり減りました。

医師と相談し、現在の状態で頭皮も落ち着いてきているため、薬での治療ではなくなり、楽な気分にはなりましたが、完治が見えない状態です。

ただ、フケが減ったことによって、スーツの襟元を気にしなくてよくなったり、散発で自分のフケが舞い散っている状態を見ることもなくなってきて精神的にとても救われました。

頭皮のかぶれとカサブタに悩み皮膚科やコラージュフルフルシャンプーで

  • 使っているシャンプー:コラージュフルフルシャンプー
  • 年代:30代
  • 性別:女性

中学生の頃から頭皮のかぶれ、かさぶたに悩んでいます。その時々で皮膚科を受診しては脂漏性皮膚炎と言われたり、乾燥からくるフケ症と言われたり色々ですが、ニゾラールなどの抗真菌剤を使っても良くならず、非常に状態の悪いときだけステロイドを使って対応しています。

長年の頭皮の炎症から私なりに悪化させないための工夫がいくつかありますが、まず基本的にはコラージュフルフルシャンプーを使っています。これ以外のシャンプーを使うと一気に頭皮がかさぶた状になってしまうので現在はこれ以外はほとんど使っていません。

また、シャンプーは毎日行ったほうが調子がいいです。そしてシャンプー後には頭皮が湿ったままの状態でおかないように必ずドライヤーで頭皮を完全に乾かします。

これが重要で、面倒くさがって湿ったまま寝てしまうと必ず頭皮の状態が悪化してしまいます。私はとても髪の毛が多くて頭皮に対する髪の毛の密度が高いので、ものすごく蒸れやすいのも頭皮環境に悪いと思われ、なるべく蒸れないように髪の毛をぴっちり縛ったりしないように気をつけています。

また、ビタミンB2やB6、ビオチンなどを皮膚科で処方されて飲んでいますが、飲まないよりは飲んでいたほうが調子がいいです。

なかなか完治が難しいと言われる脂漏性皮膚炎ですが、地道な努力で悪化させないようにして付き合っていくことが大事だと思います。

フケは脂漏性皮膚炎だった。完治までの2週間

  • 年代:30代
  • 性別:男性

最初に頭皮の異常に気付いたのはフケが多くなったからでした。何気なく頭を掻くとフケがポロポロ。私は営業の仕事をしているので勤務時は常にスーツを着用しています。そのスーツの両肩部分にいつの間にかフケがたまっている事が多く、端から見ても不衛生な状態でした。

それでも最初のうちはそんなに痒みがあるわけではないですし我慢していました。ですが数ヶ月経った頃、急に猛烈な痒みが頭皮を襲う事が増えてきました。掻いていて気付いたのは湿疹が幾つか頭皮に出来ているという事。鏡で確認したら、1〜2ミリ程の大きさの赤い湿疹が幾つか出来ていました。その湿疹が痒みの原因になっているのです。

ですが仕事が忙しい事もあり、そのまま放置していました。そして湿疹が出来て暫く経った頃、今度は鼻の横にも同じような赤い湿疹が出来てきました。それに加え、顔全体が脂っこくなってきました。相変わらず頭は痒いし鼻にも湿疹が出来るし、顔も脂っこくなるわで、仕事をする上でも初対面の方に悪い印象を与えるような状態になってしまったので、ここで病院受診を決意。診断は脂漏性皮膚炎」でした。

そして病院でケトコナゾールクリームという塗り薬を処方して頂き、患部に塗ってみました。すると2週間程で頭皮と鼻の湿疹も治まり、あれだけ痒かった湿疹も嘘のように治まりました。

こんな事なら、もう少し早く病院に受診すれば良かったと後悔しました。もし、私と同じような症状に悩まされている方がいたら、早めの病院受診をお勧めします。